Brilliant life

もうこころを偽らない。自分の人生を生きるために。

特別な理由なんていらないんだ。ただ気持ちいから、ただ好きだから、でいいんだ。

 

実家のすぐ裏手には「市民プール」があって

そこの「流水プール」が大好きだった。

 

市民プールの外周をぐるりと周るプール。

泳がなくても体がスィ~っと流れていく。

 

許されるなら開園の10時から閉園の17時まで

ただただ流水プールに浮かんで流されていたい。

そんな小学生だった。

 

1時間に1回、10分間の休憩時間が設けてあって

強制的に全員プールから上げられる。

 

その10分が終わるのが待ち遠しかった。

 

夏休みは毎日プールに行きたくて仕方なかった。

「母が厳しく、私は自分の思い通りには生きられなかった」

なんて思いこんでいたけれど

 

私は「今日もプール行っていい?」と

果敢に訴えていた。

 

嫌な顔をされてても

昨日も行ったじゃないの!と言われても

宿題もまだやってないのに!と叱られても!

 

なぜそんなに行きたかったのか?

なぜそんなに流水プールで流されていたかったのか?

 

それは

 

ただ単に

 

それが気持ちよかったから。

 

 流れる水の中でぷかぷかと浮いて流される。

それがものすごく気持ちよかったんだと思う。

 

私の快楽だったんだ。

私は快楽を味わって、それを覚えて

もっと、もっと、もっと気持ちよくなりたい!

って思ったんだ。

 

***

 

なぜそんなに行きたかったのか?

なぜそんなに流水プールで流されていたかったのか?

 

一時は、その理由を真剣に考えたこともあった。

 

 なぜ?なぜ?何のために?

私はそれで何を得ようとしていたのか?

それにどんな意味があるのか?って。

 

そんなの

 

気持ちいいから!でいいじゃない。

 

だって気持ちいいんだもん!でいいのにね。

 

 

でも、それじゃダメだと

自分でジャッジしていた。

 

何かをするには正当な理由が必要だと思ってたから。

何か特別な心理状態にこじつけないと

気持ちいいことをするなんて許されないと思ってたからなんだ。

 

一見、無意味なことをするためには

「なんでそんなことするの!?」と責められり

「あんなことしてる」と奇異の目で見られたときに

 

「これこれこういう理由があってしているのです!!」と

正当化していたかった。いつでも。

 

 

いつでも、誰かに何か言われる前提でいて

それに対する言い訳や理屈を探していた。

 

自分の頭の中だけで。

いろんなシチュエーションを妄想しては

対策を練っていた。

 

自分の正当性を主張するために。

他人に受け入れてもらうために。

 

単純であってはならない。

そんなの許されない。

そんなの受け入れてもらえない。

 

 *** 

 

私は複雑化の名手になった。

どんなことでもまず複雑化した。

 

土をこねくり回して

糸をからませて

ぐるぐるぐるぐるかき混ぜて。

 

そうやって一番最初に生まれる

 

「気持ちいい!」

「楽しい!」

「好き!」に

 

蓋をして見えなくしてしまった。

 

それが生まれたら、すぐに一瞬で

蓋をしてしまえる名人になった。

 

***

 

でも、そんなのいらない。

 

特別な理由なんてなくていい。

許されようとか

受け入れられようとか考えなくていい。

 

素直に感じて、味わって、表現すればいいだけ。

ただそれだけ。

 

 

  

>>無料メルマガのお申し込みはこちら