Brilliant life

もうこころを偽らない。自分の人生を生きるために。

失敗は「結果」じゃなくて「過程」

 

「失敗」を「結果」だとするから辛くなる。

 

だから

 

「失敗」は「過程」にする。

 

 

結果だとそこでお終いでしょう?

でも過程なら次がある。

 

過程のひとつにしてしまえば「失敗」は


「あ、これは違ったね」

「じゃあ次はどうしようか?どれにする?」

 

っていう次の可能性への橋渡し役になる。

 

失敗があるから次に進めるし

失敗があるから成長できる。

 

失敗すれば

 

一瞬は凍り付いたり

一瞬は恥ずかしかったり

するかもしれないけど

 

そんなの一瞬だから。

 

いつも言うように赤ちゃんの頃を思い起こせば

(って、普通は覚えてないけど)


私たちは


できなくても

できなくても

 

どんなことも

あの手この手でやり続けて


親を驚かせてきたきた歴史があるんですもんね。

 

失敗は結果じゃない、過程に過ぎないのだ。

 

>>無料メルマガのお申し込みはこちら

>>ホームページはこちら