Brilliant life

もうこころを偽らない。自分の人生を生きるために。

「お金」と「こころ」の関係

 

「本当に好きなものを買っていいんだよ」

「本当に欲しい物を買えばいいんだよ」

 

お金のブロックとか

そんな話になるとよく言われるセリフ。

 

言われてた頃の私は

いまひとつわかってなかった。

 

「好きなものを買っていい」は

「なんでも買っていい」じゃない。

 

 

私の心がすーっと落ち着くもの。

 

私の心がほんわかと温かくなるもの。

 

私の心がうふふ、と踊るようなもの。

 

私の心がシャキーン!とシャープになるもの。

 

それがあると、私の心がこんな風に彩られていくもの。

 

なんじゃないかな、って今は思う。

 

**

 

昔は「お金がない」が口ぐせで

いつもいつもお金の不安を抱えてて

 

でも、その割には100円ショップのようなところで散財して

 

安いから、とりあえずこれでいい、みたいな

そんな買い物ばっかりしていて。

 

安物のとりあえずのものを

大切に扱うわけもないし

 

そういうものに囲まれて生活していて

心が潤うはずもなく。

 

**

 

好きなもの、

心が豊かに彩られていくもの、

そういうものを買うとなったら

 

その前に

 

自分の「好き」がどんなものなのか

どんなものに囲まれていたいのか

 

それがわかってないと買えないね。

 

自分の「好き」をどれだけ知っているかな。

自分の喜ばせ方、どれだけ知っているかな。

 

もしお金の不安があったとしたら

お財布を温めるよりも

 

「こころ」の方を先に温めてみたらどうだろう。

 

 

>>無料メルマガのお申し込みはこちら

>>ホームページはこちら